iPhoneの次期モデル「iPhone 6 (仮称)」向けのケースが販売されていたので、購入してみました。

iPhoneの新しいモデルは、ここのところ秋に登場するのが通例となっていますが、気の早い(?)中国のECサイトなどでは、既に専用のアクセサリーが多数販売されています。

そこで、先日のiPhone 6のモックアップに続き、今回はTPU製の保護ケースを購入してみました。

注文から4日で届いた商品には、「i6」と書かれたボール紙のダミーが付属していました。

iphone6_case_review_1

見た目は、iPhone 5・5s用とあまり変わらないごく普通の保護ケースで、以前どこかで見たような「S字」のデザインが施されています。

iphone6_case_review_3

iPhone 5sを入れてみると、下のようにひと回り大きいことがわかります。

サイズは大きくなるものの薄型化しているらしく、iPhone 5sでは1ミリ程度はみ出してしまいます。

iphone6_case_review_4

先日購入したiPhone 6のモックアップに装着してみたところ、予想どおり隙間もなくピッタリとはまってくれました。

おそらく、ケースもモックアップも共に「リークした設計図」という同じ情報を元に作られているはずなので、当然といえば当然かもしれません。

iphone6_case_review_8

サウンドのスイッチとボリュームボタンの部分。

ボタンの位置は合っているものの、スイッチの位置がややズレているようです。

iphone6_case_review_5

スピーカーグリル、Lightningコネクタ、イヤフォンなどが並ぶ本体下の部分。

位置はほぼ合っているようです。

iphone6_case_review_6

背面はカメラとアップルロゴの部分に切り抜きがあります。

ケースもモックアップと同じく、パワー/スリープオン・オフのボタンが、本体上から右側面(SIMカードトレイの横)へと移動。

iphone6_case_review_7

今回購入したのはTPUケースのみですが、中国のサイトではiPhone 6用アクセサリーは既に幅広いラインナップが揃いつつあります。

状況証拠的ながら、やはり次期iPhoneはこのデザインで間違いない、という気がしてきます。

iphone6_case_review_9

このケースは画面サイズが4.7インチのiPhone 6用でしたが、噂ではさらに大きい5.5インチのiPhoneも登場するとされています。

5.5インチに関する情報が最近になって増えてきているようなので、そちらにも注目したいところです。