「iPhone 6 (仮称)」のバックパネルを撮影したとされる写真が掲載されています。

以前掲載された画像は正面から撮影した1枚だけでしたが、今回は表と裏および側面のから撮影した画像が含まれています。

おそらくアルミのブロックから削り出したものとみられ、内側に切削機による削り痕を確認できます。

また、アップルロゴが切り抜かれていることから、この部位には樹脂などの別の素材を使用するとみられ、着信や通知を光って知らせる機能や、なんらかのアンテナを埋め込む、といったことが想像されます。

iphone6_backpanel_leak2_1

サウンドのスイッチとボリュームボリューム・ボタンの部分を撮影した写真。

ボリューム・ボタンが、iPadやiPod touchのように細長い形状になっていることがわかります。

ボタンの間が削られていることから、独立したものではなく、繋がった1つのパーツとなるのかもしれません。

iphone6_backpanel_leak2_2

サイズが大きくなることによる押しにくさへの配慮からか、電源・スリープボタンはSIMトレイの横へと移動。

iphone6_backpanel_leak2_3

色味がどの程度合っているか不明ですが、ゴールド系のカラーのようにみえます。

デザイン上のアクセントなのか、またはなんらかの繋ぎ目なのか、パーツの上下にやや幅のあるラインが見受けられます。

iphone6_backpanel_leak2_4

パーツの信憑性については不明ですが、図面やモックアップと違い、切削したパーツを作るにはそれなりの手間がかかるため、わざわざ偽物を用意するとは考えにくいといえます。

iPhone 6の発表および発売はiOS 8のリリース直後、例年どおりであれば9月が最も有力と予想されます。