アップルが、「iPhone 6 (仮称)」の本格的な生産を7月より開始。出荷は9月頃になると報じられています。

Bloombergの記事によると、iPhone 6には4.7インチと5.5インチの異なる画面サイズが存在し、中国での本格的な生産は来月から始まるとのこと。

出荷が遅れると噂されていた5.5インチのモデルについても、4.7インチと同じタイミングで発表・出荷されるとしています。

iphone6_mockup_review_2

また記事では、5.5インチモデルはより複雑で歩留まりが悪いとしており、ディスプレイの解像度や使用される技術が4.7インチとは異なることを示しているのかもしれません。

ということは、2つのモデルの発表・出荷は同時でも、販売する数量や国が限定されることも考えられます。

フォックスコンによる工員の大量採用やラインの本格稼働などのタイミングからみて、今年も例年どおり9月のスペシャルイベントにてお披露目されることになりそうです。