「iPhone 6 (仮称)」のバックパネルとされる写真が掲載されていました。

この写真は、オーストラリアの修理パーツ販売会社・Macfixitが掲載したもので、グリーンの保護フィルムに覆われたパーツが写っています。

掲載されている画像はこれ1枚のみですが:

  • iPod touchのような丸みを帯びた形状
  • アップルロゴの切り抜き
  • フラッシュの穴が円形
  • カラーはシルバー?

といった特徴を読み取ることができます。

アップルロゴが切り抜かれていることから、この部分に樹脂などの別素材を使ったパーツを使い、アンテナ(NFCなど)を埋め込むことも考えられます。MacBookのようにロゴが光ったりすると面白いのですが。

また、iPhone 5・5sのように3つのパーツに別れているのか、上下に接合部分のようなラインが見受けられます。

iphone6_backpanel_leaked_1

形状・デザインがこれまでに流れた情報と一致しており、噂されている画面サイズ4.7インチの次期iPhoneのパーツである可能性は高いと考えられます。

パーツのリークのタイミングが例年とほぼ同じことから、iPhone 6の発表・発売は今年も9月前後となると予想されます。