ソニーが、レンズスタイルカメラ『DSC-QX10』『DSC-QX100』の最新ファームウェアを公開しています。

このカメラは、スマートフォンやタブレットに装着して撮影するという斬新なスタイルで、昨年秋の発売時に話題となった製品です。

新しいファームウェアでは、連携アプリ『PlayMemories Mobile App Store』での撮影時に、一般的なカメラのような「シャッターボタンの半押し」によるオートフォーカスが可能になっています。

qx10_qx100_update_30_1

ファームウェアの更新は、専用のアップデートソフト(Mac OSおよびWindowsに対応)をダウンロードし、USBケーブル経由で行います。

qx10_qx100_update_30_2

更新を適用すると、これまでの「タップでフォーカス」に加えて、「半押し」によるオートフォーカスが可能になります。

タッチパネル上でボタンの「半押し」はできないため、シャッターボタンの長押しでオートフォーカスをし、指を離すとシャッターが切るという方式を採用。

オートフォーカス後にシャッターを切りたくない場合は、シャッターボタン以外の場所に指をずらしてから離せばOKです。

フォーカスされると「ピッ」という音が鳴り、画面左下にグリーンのドットが光ります。

qx10_qx100_update_30_3

また、iOSには該当しないものの、今回のアップデートには、NFC接続の高速化も含まれているようです。

ファームウェア更新の詳細・ソフトウェアのダウンロードは公式サイトをどうぞ。

【リンク】サイバーショット – 本体アップデート情報