Threes! App Store』は、ありふれたパズルのような見た目とは裏腹に、遊び始めると止まらなくなる不思議な魅力のあるアプリです。

開発元が「1分で覚えられる」と謳うほど簡単なルールながら奥が深く、遊べば遊ぶほど味が出てくるゲームです。

ゲームの基本は「スライドパズル」で、4 x 4のマスに並んだ数字の書かれたパネルを動かすというもの。

スライドパズルの要領で、壁を利用して「1」と「2」を重ね、「3」を作ります。

app_game_threes_1

出来上がった「3」と他の「3」を重ねると、「6」を作ることができます。

「3」以上の数字は、「3 +3 = 6」「6 + 6 = 12」「12 + 12 = 24」というように、同じ数しか重ねる(足す)ことができません。

app_game_threes_2

スライドする度に新しい数字が追加され、盤面が込み合ってきます。

次に来るパネルは画面上で確認できます。

盤面が全て埋まるとゲームオーバーとなります。

app_game_threes_3

プレーの様子は下のGIFアニメでどうぞ。

このよう片手でサクサクと遊べるのが魅力のひとつでもあります。

THREES_trailer

採点は終了時のパネルの数字から割り出され、得点になるのは「3」以上のパネル。

数字が「2^n*3」のとき「3^(n+1)」が得点となります。(例:3 → 3点、6  →  9点、12 → 27点、24 → 81点)

指数関数的に増加していくので、より大きい数字になるように(つまり長くプレイ)すると高得点になります。

app_game_threes_4

盤面は毎回ランダムに作られるため「運」にも左右されますが、どのようにゲームを進めるかという「スキル」の部分もあり、両者の絶妙なバランスがゲームを面白くしているのかもしれません。

いちど始めるとかなりやり込むことになるので、長時間遊ぶ場合はオプションの「Conserve Battery (バッテリーを節約)」をオンにすることをお勧めします。(グラフィクスのフレームレートを落とすだけで内容は変わりません)

有料ながら、その価格に見合うだけの面白さがある、久々の良作といえそうです。

 

Threes! App Store
ゲーム:34.1 MB
価格:¥300
対応:ユニバーサル
開発:Sirvo LLC