iPhoneを使っているソチオリンピックの代表選手は、開会式で写真やビデオを撮影する際に、iPhone用保護ケースが必須となるかもしれません。

ソチオリンピックの「無線通信機器公式ワールドワイドパートナー」であるサムスンは、各国の代表選手に対して「GALAXY Note 3」を無償で提供するなど、自社製品の露出に努めています。

しかしながら、スイスのメディアによると、サムスンは開会式に参加する選手に対し、他社の携帯電話(例えばiPhone)のロゴが露出しないように覆い隠すことを求めているとのこと。

samsung_apple_logo_ban_1

世界中に生中継されるオリンピックの開会式では、各国の代表選手がアップになるシーンがよくあり、iPhoneのアップルロゴが大写しになる可能性は十分あります。

この要請が、「GALAXY Note 3」を無償で受取ることの条件なのか、また強制力をもつのかといった詳細は不明ながら、何らかの働きかけしていることは考えられます。

実際に効力があるのか、また別の視点で開会式を観てみるのも面白いかもしれません。