iPhoneの次期モデル「iPhone 6 (仮称)」の外装パーツとされる画像が掲載されています。

これらの画像は、発表前のiPhone 5c・5s・iPad Airなどのパーツをいち早く掲載したことで知られるSonny Dickson氏が自身のサイトに掲載したもので、現行のiPhoneとは明らかに異なる形状のデバイスが撮影されています。

iphone6_backpanel_leak_1

画像は複数枚あるものの、登場するデバイスは、

  • シルバーのパックパネル(写真奥)
  • ゴールドのフロントパネルとバックパネル(写真手前)

の2種類のようです。

後者のフロントパネルは画面の左右にフレームがなく、噂されている画面の大型化とも一致しています。

iphone6_backpanel_leak_2

ホームボタンのデザインから、引き続き指紋認証機能「Touch ID」が採用される模様。

iphone6_backpanel_leak_3

デザインが第5世代iPod touchに酷似していますが、バックパネルに「iPhone」の刻印があることに加え、SIMカードのスロットやサウンドオン・オフのスイッチなど、iPod touchには無い特徴がみられます。

iphone6_backpanel_leak_4

iphone6_backpanel_leak_5

やや気になるのは、「iPhone」のロゴの下に「FCC」などの認証マークが存在すること。

昨年iPhone  5c・5sがリークした際は、認証マークの無いプロトタイプ(?)が流出しており、今回のような完成品に近いものではありませんでした。

iphone6_backpanel_leak_6

パネルの内側の写真。

アルミのブロックから削り出した切削痕が見られます。

iPhone 5・5sのようなアンテナ用のガラスパネルがなく、どのように電波の受信感度を確保するのか興味深いところです。

iphone6_backpanel_leak_7

リーク元もこれらの画像が本物だとは断言しておらず、信憑性については未知数といえます。

一方で、Sonny Dickson氏による過去のリークはほぼ的中しており、現時点での最有力候補ということは間違いなさそうです。