IFTTT 」に、パーソナル・ウェザーステーション『Netatmo』のチャンネルが追加されています。

「IFTTT (イフト)」は、様々なサービスをトリガーとアクションで自由に結びつけ自動化することができるサービスで、WebアプリのほかiOS向けのアプリ「IFTTT App Store」も公開されています。

そのIFTTTが今回「Netatmo」に対応し、温度・湿度・気圧・CO2濃度などをトリガーにすることが可能になりました。

Netatmoについては以前のレビューをどうぞ。

【関連記事】スマホと連携するスタイリッシュな気象センサー『Netatmo ウェザーステーション』

Netatmoのユーザーの方は、IFTTTでチャンネルをアクティベートすると、トリガーとして使用することができるようになります。

netatmo_ifttt_channnel_1

気温・湿度・温度などからトリガーにしたい項目を選び、しきい値を設定してアクションを指定するだけでレシピが完成します。

試しに「室内のCO2濃度が2,000ppmを超えたらメール」という設定をしてみたところ、約20分後にメールが届きました。

netatmo_ifttt_channnel_2

Netatmoにもアラートを送る機能がありますが、IFTTTに対応したことで、より幅広いアクションが可能になります。

TwitterやFacebookへの投稿はもちろん、AC電源を操作でできる『Belkin WeMo Switch』との組合せなど、アイデア次第で面白いことができそうです。

Netatmo』ユーザーの方は是非お試しを。

 

IFTTT App Store
仕事効率化:16.3 MB
価格:無料
対応:iPhone・iPod touch (iPad互換)
開発:IFTTT