グーグルが、iOS向けのブラウザ『Chrome – Google のウェブブラウザ App Store』のアップデートを公開しています。

今回のアップデートでは、

  • データ通信量をの節約
  • 翻訳バーによる外国語の翻訳

などの機能が追加されています。

データ圧縮機能は、グーグルのサーバーでコンテンツを圧縮してからデバイスにダウンロードすることで、データ通信量を最大で50%削減するというものです。

電波状況により転送速度が遅い場合や、通信量を節約したい場合などに有効です。

この機能はデフォルトではオフになっており、

「設定」>「帯域幅」>「データ通信量を節約」

のトグルをオンにすると有効になります。

chrome_ios_update_data_compression_1

圧縮によって節約された量はグラフで表示され、どのくらい節約できているかをチェックすることができます。

chrome_ios_update_data_compression_2

一方翻訳機能は、デスクトップ版と同様に、外国語のページをロードすると「翻訳バー」が表示され、翻訳するかどうかのプロンプトを表示。

「翻訳」をタップすると、ページ内のテキストが自動翻訳されます。

下線が付いた「英語・日本語」などをタップすると、言語を指定することも可能。

chrome_ios_update_data_compression_3

便利な機能が満載されているiOS版「Chrome」ですが、今回のアップデートでさらに強力になっていますので、ぜひお試しを。

 

Chrome – Google のウェブブラウザ App Store
ユーティリティ:24.4 MB
価格:無料
対応:ユニバーサル
開発:Google, Inc.