ロジクールから発売されたiPhone・iPod touch用のゲームコントローラー『G550 POWERSHELL CONTROLLER + BATTERY』を購入してみました。

タッチパネルでのゲームプレイは、直感的な操作性というメリットがある一方で、ボタンのようなフィードバックがないことや、指で画面が隠れるといったデメリットもあります。

とくにコンソールやアーケードゲームからの移植タイトルでは操作性に問題があることが多く、iOSデバイス向けのゲームコントローラを望む声が少なくありませんでした。

そのためこれまでにも、サードパーティによるiOSデバイス向けのコントローラが発売されていますが、独自の仕様ということもあり、なかなか普及が進まなかったという経緯があります。

そこでアップルは、iOS 7よりゲームコントローラの規格・APIを公開。半年ほど経って、やっとこの『G550』のような、いわばApple公認のゲームコントローラが登場しました。

logicool_powershell_g550_iphone_review_1

パッケージには、充電用のmicroUSBケーブル、ヘッドフォンのアダプタ、第5世代iPod touch用のアダプタが付属しています。

logicool_powershell_g550_iphone_review_2

iPhone 5・5sおよび第5世代iPod touchに対応し、デバイスをすっぽりとはめ込むようになっています。

左にはアナログDパッド、右にはA・B・X・Yと一時停止ボタンが配置されています。

logicool_powershell_g550_iphone_review_3

筐体はプラスチック製で、背面と前面にはグリップを考慮した硬質のラバー素材を使用。

また、背面の両脇は中指が収まるように立体的な窪みがあり、手にしっくりと馴染みます。

logicool_powershell_g550_iphone_review_4

アナログDパッドは8方向に対応。

手前に見えるシルバーの丸いものは、内蔵バッテリーのオン・オフスイッチです。

logicool_powershell_g550_iphone_review_5

Lightningコネクタは完全には固定されておらず、デバイスを装着する際に斜めに起き上がるよう多少余裕あります。

もちろん「Made for iPhone・iPod」(MFi)の認証を取得済み。

logicool_powershell_g550_iphone_review_6

iPhone 5を装着したところ。

先にLightningコネクタを挿し、本体をすっぽりとはめるイメージです。

固定するための機構はとくにありませんが、自然に外れる心配がいらないほどピッタリと収まります。

logicool_powershell_g550_iphone_review_7

本体上からみたところ。

ショルダーボタンも装備しています。

logicool_powershell_g550_iphone_review_8

充電はmicroUSBのポートから行います。

1,500mAhのバッテリーを内蔵しており、iPhone・iPod touchへ給電できるので、消費電力の多い最近のゲームでも安心してプレイできます。

もちろん、1,500mAhはiPhoneの6〜7割程度しかないため、長時間プレイしたい場合は別途モバイルバッテリーを用意しておく必要があります。

logicool_powershell_g550_iphone_review_9

背面の「G」のロゴが内蔵バッテリーのインジケーターになっており、充電中は点滅、満タンで点灯、残量が少なくなると赤く光ります。

logicool_powershell_g550_iphone_review_10

第5世代iPod touchで使用する際は、付属のアダプタ(シート)で厚さを調整します。

logicool_powershell_g550_iphone_review_11

実際に装着したところ。

アダプターを使用すると、たしかにピッタリと嵌ります。

logicool_powershell_g550_iphone_review_12

iPhone・iPod touchのイヤフォンのジャックがかなり奥まってしまうため、アダプタが付属しています。

logicool_powershell_g550_iphone_review_14

ボタンおよびDパッドの押し心地は悪くありませんが、メニュー操作などでどのボタンを押していいか戸惑うことがあり、結局画面をタップしてしまうことがしばしばありました。

このあたりは今後、アプリの設計次第で改善されるかもしれません。

logicool_powershell_g550_iphone_review_13

コントローラを使うにはアプリ側で対応している必要があり、現時点(2013年12月末)では40+のタイトルと互換性があります(メーカーによる対応アプリのリストはこちら)。

アップルが正式にAPIを用意したことで、対応するタイトルが急速に増えることは間違いなさそうです。

格闘ゲームやシューティングゲームの移植タイトルとの相性がよいので、そういったゲームが対応してくるとより魅力的になってくると思います。

価格は9,980円(税込)。現在Amazonでは10%分のポイントが付きます。