拘り抜いたユーザーインターフェイス、抜群の安定性などで人気のサードパーティ製のTwitterクライアント、Tweetbotの新しいバージョン『Tweetbot 3 for Twitter』がApp Storeで公開されています。

今回リリースされた「3」では、iOS 7のためにデザインをいちから見直し、大幅な改良が行われています。

実際の動きは開発元によるデモ動画をどうぞ。

リリースノートによる主な機能は次のとおり:

  • iOS 7向けにデザインを完全に一から見直し
  • システムによるプッシュ通知
  • ユーザー・ハッシュタグ・キーワードによるミュート
  • iCloudを使ったタイムラインの位置・DMの既読・ミュートフィルターの同期
  • タブのカスタマイズ機能
  • Pocket・Instapaper・Readability・ClouldApp・Droplr他のサポート
  • 強力なドラフト(下書き機能)
  • Wi-Fi接続時にタイムラインを自動で取得する「Wi-Fiストリーミング」

今回公開されたアプリはiPhone・iPod touch向けで、iPad版は現在開発中とのこと。

また、現行バージョンからのアップデートではなく、別のアプリとして公開されているため、前バージョンのユーザーも購入し直す必要があります。

期間限定でリリース記念価格(通常¥500)となっているので、Tweetbotファンの方はお早めにどうぞ。

 

Tweetbot 3 for Twitter (iPhone & iPod touch) App Store
ソーシャルネットワーキング:7.4 MB
価格:¥300 (リリース記念価格:通常¥500)
対応:iPhone・iPod touch (iPad互換)
開発:Tapbots