アップルが開発していると噂のスマートウォッチ「iWatch (仮称)」を予想したコンセプトCG画像が公開されていました。

未発表のApple製品をリアルにレンダリングすることで知られるMartin Hajek氏による新作で、iPhone 5cからヒントを得たカラフルなデザインが特徴です。

iwatch_c_concept_martin_hajek_1

筐体およびベルトには樹脂が採用され、発表されているどのスマートウォッチよりもポップな印象を受けます。

本体の側面に並ぶ穴はスピーカー用のグリル?もiPhone 5cのデザインを踏襲しているようです。

iwatch_c_concept_martin_hajek_2

画面には、腕のカーブに合わせた曲面ディスプレイを使用。

アップルが曲面ガラスのテスト・試作を行っているとの噂に基づく予想のようです。

画面の下にはFaceTime用のカメラも搭載しています。

iwatch_c_concept_martin_hajek_3

アップルストアでのディスプレイを想像したところ。

このような画像をみると、実際にこのまま発売されても不思議ではない気がしてきます。

iwatch_c_concept_martin_hajek_4

充電用(?)コネクタの画像。

microUSBでもLightningでもない、また新しい規格のコネクタでしょうか。

iwatch_c_concept_martin_hajek_5

このカラーモデルは、以前に公開されたコンセプトに、iPhone 5cの要素を取込み作られたようです。

腕時計となると、ファッションとのコーディネートも重要になるため、複数所有するひとも出てくるかもしれません。

iwatch_c_concept_martin_hajek_6

今のところパーツのリークもなく、「iWatch」の発売はかなり先になりそうなので、このようなコンセプト画像をみて想像を膨らまして楽しむのも悪くないかもしれません。

このコンセプトのフルセットは下のリンクからどうぞ。

【リンク】Flickr: Martin Hajek – iWatch C