ソニーが発表を予定している「レンズカメラ」の紹介動画が公開されています。

この「レンズカメラ」は、レンズとセンサーのみで構成され、ファインダーや操作系はWi-Fi-で接続したiPhoneをはじめとするスマートフォンから行うというユニークな製品です。

本日9月4日に発表されるとみられていますが、一足先に情報が流出しはじめ、今回はさらに動画までもが事前に公開されています。

sony_lens_camera_movie_0

スマートフォンの背面に取付け、デジタルカメラのように使用することができます。

ファインダーや操作は専用のアプリから行います。

Wi-Fiで接続しているので、スマートフォンから離して撮影することも可能。

自分撮りや高い(または低い)アングルからのショットも、手元のアプリでファインダーを覗きながらシャッター切れるので便利そうです。

sony_lens_camera_movie_1

「レンズカメラ」のモデルは、

  • DSC-QX100:大型1.0型の裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R”を搭載
  • DSC-QX10: 10倍ズームと1/2.3インチ18MP CMOSセンサーを搭載

の2つで、スペックからもこの製品に対するソニーの「本気度」が伺えます。

sony_lens_camera_movie_2

価格および発売時期については正式な発表を待つ必要がありますが、久し振りに登場した革新的な製品のため、既に購入を決めているひとも少なくないと思われます。

【追記】国内での発売も発表されました。