ソニーが、「レンズスタイルカメラ」の国内での発売を発表しています。

「レンズスタイルカメラ」は、スマートフォンにデジタルカメラの高品位な撮影性能を追加するという、これまでになかった新しいジャンルの製品です。

レンズおよびセンサーのみをのiPhoneを始めとするスマートフォンとWi-Fiで接続し、アプリでファインダーやシャッターといった操作を行います。

実際の利用シーンはこちらの動画をどうぞ。

海外で先行して発売されていましたが、国内でも正式に10月25日に発売されることが決定。本日より予約が開始されています。

レンズスタイルカメラは、ハイエンドの「DSC-QX100」、ローエンドの「DSC-QX10」の2つのモデルがあり、前者が54,800円、後者が24,980円に設定されています。(共にオープン価格)

主なスペックは下のとおり。

 

DSC-QX モデル比較
qx100_released_5 qx100_released_4
センサー タイプ 1.0型 "ExmorR" CMOS 1/2.3型 "Exmor R" CMOS
有効画素数 約2020万画素 約1820万画素
レンズ カールツァイス 「バリオ・ゾナーT*」 ソニーGレンズ
F値(開放) F1.8-4.9 F3.3-5.9
光学ズーム 3.6倍 10倍
外形寸法(mm) 62.5 x 62.5 x 55.5 62.4 x 61.8 x 33.3
質量(g) 179 105
カラー ブラック ブラック ホワイト
参考価格 54,980円(税込) 24,980円(税込)

iOSデバイスでは、既にApp Storeで公開されている『PlayMemories Mobile App Store』というアプリによって操作を行うようです。

発売は2013年10月25日で、本日より予約販売が開始されています。