パナソニックが、天井に取り付けるワイヤレス・スピーカーを発表。10月11日から発売します。

このスピーカーは、iPhone・iPadをはじめとするBluetoothに対応したデバイスとワイヤレスで接続し、音楽などを楽しむことができるというものです。

最大の特徴はその取り付け場所。

天井とシーリングライトの間に挟むようにして設置します。

スピーカーの下にシーリングライトの取付け器具が付いているので、通常どおり照明器具を使うことができます。

panasonic_ceiling_buetooth_speaker_2

スピーカーの設置場所としては奇抜にも思えますが、

  • 電源コードが要らない
  • 天井取付けの工事・穴あけなどが不要
  • 照明は部屋の中央にあるため、部屋全体に音が広がる
  • 設置場所の確保が不要

など、思いの他メリットがあるようです。

スピーカーを天井に取り付けるとなると、階上への音漏れが心配されますが、「振動キャンセラー」という仕組みを搭載しているとのこと。

左右の音声それぞれに2つのスピーカーを割当て、それを対面に配置するすることで振動を抑制するそうです。

panasonic_ceiling_buetooth_speaker_3

2つのモデルが用意されており、

  • SC-LT200:NFCタグによる簡単接続
  • SC-LT205:Bluetoothトランスミッター付きで、テレビの音などを飛ばせる

といった違いがあります。

panasonic_ceiling_buetooth_speaker_1

Bluetoothで通常どおりペアリングして接続できる他、NFCに対応しているデバイスではタッチするだけの接続にも対応(SC-LT200)。

また、スマートフォン向けのアプリを使い、DLNAサーバーのコンテンツを再生することもできます。

価格はオープンで、参考価格はSC-LT200が29,800円、SC-LT205が34,800円。発売は2013年10月11日を予定しています。

じっくりと音楽を聴くためというよりは、リビングなどでBGMを流しておくような用途に最適なスピーカーかもしれません。