アマゾンが、電子ブックリーダー「Kindle Paperwhite」の新しいモデルを発売しています。

「Kindle Paperwhite」は、リーズナブルな価格・目に優しい画面、8週間使えるバッテリーなど、Kindleシリーズの中でも最も紙の書籍に近い読書ができる端末として人気のリーダーです。

本日発売された新モデルでは、

  • コントラストを向上させたディスプレイ
  • 25%高速化したプロセッサー
  • 2GB→4GBへと倍増したストレージ
  • 精度が向上したタッチパネル

など、全般において性能がアップしています。

new_kindle_paperwhite_2

とかくiPadとの競合が取り沙汰される「Kindle Fire(HD)」とは異なり、「Kindle Paperwhite」は、読書専用端末としてiOSユーザーの間でも受け入れられているようです。

価格はWi-Fiモデルが9,800円(税・送料込)と、前モデルから2,000円値上がりしていますが、発売記念キャンペーンで1,980円の書籍が無料となるため、期間中は実質据え置きとなる模様。

発売は10月22日を予定し、現在予約を受付中です。