iPhone 5S(仮称)と既存モデルのスペックを比較した表とされる画像が掲載されています。

iPhoneの新モデルは、日本時間の9月11日未明にも発表されることがほぼ確実とみられており、いまではその詳細なスペックへと注目の的が移りつつあります。

そんなタイミングで中国語のサイト・C科技に掲載されていたのが、iPhoneの既存モデルとiPhone 5Sとのスペックを比較した表とされる画像。

アップルのサイトにある比較表とそっくりです。

iphone5s_fake_speck_sheet_2

下の画像をタップすると、比較表全体を表示できます。

iphone5s_fake_speck_sheet_1

この表のポイントをまとめると、次のようになります:

  • プロセッサーがApple A6 からApple A7へ
  • ホームボタンの四角いアイコンが消える
  • デュアルフラッシュに変更
  • iSightカメラの画素数は800万のまま
  • f値が2.4から2.0へ
  • 動画撮影が12ofpsに
  • FaceTimeカメラも120万画素のまま
  • 待受時間が225時間から250時間に
  • 指紋認証センサーを搭載

これまでにリークした情報も反映されており、ぱっと見は本物のようにみえます。

しかしながら、よく見てみるとiPhone 5の動画撮影(iSight)が30fpsではなく60fpsと記述するミスがあり、よくできたニセモノというの本当のところかもしれません。