iOS 7のロック画面に、さらなるバグが発見されたようです。

iOSデバイスでは、パスコードでロックされた状態でも、警察・消防などへの緊急電話のみ発信できるようになっています。

しかしながら、先日リリースされたiOS 7では、ある手順(下記参照)を踏むことで、任意の番号への発信が可能になるバグが含まれているとのこと。

下の動画にデモンストレーションをしている様子が収められています。

 

手順は次のとおり:

  1. パスコードの入力画面で「緊急」をタップ
  2. 発信したい番号(任意)を入力
  3. 発信ボタン(電話のアイコン)を連打する
  4. リブートされ、入力した番号に自動で発信される

手順「3.」での連打の回数は一定ではなく、短い場合で10回程度、長い場合は数十回が必要となるようです。

筆者が数回試した限りでは、再現性は100%ではないものの、実際に発信をすることができました。

 

ios7_lockscreen_emergency_call_bug_1

このバグは電話をかけることができるだけで、「連絡先」の情報をみることもできないため、脆弱性と呼ぶには軽微な気がします。

iOS 7のロック画面においては、既にカメラロールを盗み見することができるバグが報告されています。

【関連記事】iOS 7のロック画面に脆弱性〜パスコードを迂回して写真を盗み見ることが可能

ロック画面周りのバグがあまりに多く、ニュースとしての価値が薄れてきた感がする一方で、むしろ毎度のことながらよく発見するなぁと感心してしまいます。