ソニーから正式に発表された「レンズスタイルカメラ」は、スマートフォンにデジタルカメラの高品位な撮影性能を追加する画期的な製品です。

海外では予約販売が既に開始されていますが国内では発売未定ということで、日本から購入する手段について調べてみました。

製品の詳細な情報は、他のサイトやソニーのサイトを見て頂くとして、概要と利用シーンはこちらの動画を見手頂くのが一番かも知れません。

動画ではXperiaしか登場しませんが、iPhoneをはじめとする他のスマートフォンにも対応しています。

米国のソニーでは予約が開始されており、

  • DSC-QX100 (ハイエンド):$499.99 (約50,000円)
  • DSC-QX10 (ローエンド):$249.99 (約25,000円)

で販売。国外への発送は行っておらず、日本から直接購入することはできないようです。

qx100_qx10_from_japan_2

 

日本から購入する方法その1:「転送サービス」を利用する

海外に友人・知人がいるとう場合はさておき、まず思いつくのが購入したものを「転送」してくれるサービスの利用です。

海外にある業者の住所で注文をして受け取ってもらい日本へと発送してもらうというもので、「アメリカ 転送」で検索すると業者をみつけることができます。

こういったサービスを使えば、ソニー公式サイトやAmazon.comなどからも購入することができます。

qx100_qx10_from_japan_4

手数料と日本への送料が良心的な業者を探せばコストを抑えられ、やりとりも日本語で行えるのがメリットで、筆者も初代iPhoneやiPadの購入で利用したことがあります。

デメリットは、2回送ることによる余計な日数がかかること、発送先と住所が異なるため注文時にクレジットカードが拒否されるケースがあることなどでしょうか。

 

日本から購入する方法その2:日本に発送してくれるショップを使う

SONYやAmazonの以外にも、「DSC-QX100」「DSC-QX10」の予約販売を初めているショップはあり、日本への発送を行うところもあります。

例えば「ADORAMA」や「B&H」などの場合、送料はUS$42(約4.200円)程度とリーズナブルで、トータルコストを抑えることができます。

デメリットがあるとすれば、今回のような人気商品の入荷が遅れる可能性があることぐらいかもしれません。

qx100_qx10_from_japan_3

 

日本から購入する方法その3:国内で並行輸入品を買う

この記事を書いている途中で気付いたのですが、既に日本のアマゾンで並行輸入業者が出品を初めていました。

価格はDSC-QX100で74,800円、DSC-QX10で39,800円と手数料分がかなり上乗せされています。

手間と時間をお金で買うと割り切れるひと以外は、上記方法のいずれかを自分で行った方が節約できます。

qx100_qx10_from_japan_5

 

「レンズスタイルカメラ」はかなり注目されているため、しばらく待てば国内でも発売されることは間違いないでしょう。

どうしても今すぐ欲しいという方に、この記事の情報が少しでも役に立てば幸いです。