iPhoneの次期モデルの名称は、大方の予想通り「iPhone 5S」となることがほぼ確実のようです。

これまでの情報によれば、アップルは9月10日にイベントを開催し(米国時間)、iPhone 5のデザインを継承した「iPhone 5S (仮称))」とバックパネルにポリカーボネートを採用した「iPhone 5C (仮称)」を発表するとみられています。

両端末のデザインはパーツのリークなどでほぼ判明していますが、名称は正式に発表されるまで不明なことが多く、当サイトでは未確認の場合「(仮称)」と添えることにしています。

ところが今回、レビュー用に購入したアクセサリーのパッケージに、「iPhone 5S」という名前が既に印刷されていました。

記述がみつかったのは、8月5日に発売された『SPIGEN SGP iPhone5 タフ・アーマー』という薄型の耐衝撃ケース。

iphone5s_name_confirmed_1

下の画像は、パッケージの上部を撮影したところ。

パッケージの台紙に大きく「for iPhone 5S/5」と印刷されています。

iphone5s_name_confirmed_3

こちらはパッケージの下の部分。

前面と背面のケースを留めるシールに、おなじく「for iPhone 5S/5 」と書いてあります。

iphone5s_name_confirmed_4

シールを正面から撮影したもの。

iphone5s_name_confirmed_5

もちろん、この記述が単に予想に基づいたものである可能性の否定できませんが、メーカーのSPIGENはiOSデバイス向けのアクセサリー市場においては大手のひとつであり、確実な情報を入手した上で発売したとみる方が自然ではないでしょうか。

アクセサリーメーカーが、アップルの新製品発表直後に対応製品を発売することは半ば恒例となっており、各社が情報を入手するルートを持っていることは簡単に予想できます。

名称が噂通り「iPhone 5S」では何のヒネリも無い気がしますが、スペックや機能面で何かサプライズを用意されていることを期待したいところです。