iPad向けのアプリ『The BeatBlaster App Store』は、最近ではあまり見かけなくなった「ミニコンポ」風の音楽プレイヤーです。

CDプレイヤー・ターンテーブル・ラジオの「エアチェック」ができるカセットテープレコーダーなどを搭載。

ミニコンポ全盛の時代を知る世代であれば、懐かしさに浸れること間違いないアプリです。

コンポの機能がギュッと詰まったミニコンポと同様、このアプリにも機能・ギミックが豊富に搭載されています。

まずは開発元が用意したデモ動画を参照して頂くと、その概要が掴みやすいと思います。

ユーザーインターフェイスは、ミニコンポをそのまま再現したような、スキュモーフィックなデザイン。まるで昨今のフラット化に真っ向から逆らうかのようです。

下はアプリの中心となるコンソール画面。

app_music_beatblaster_1

基本的な操作は下の注釈のとおり。

ミニコンポを模しているので、ボタンやツマミを触っていけば、おそらく大部分の機能は理解できると思います。

app_music_beatblaster_2

画面左にスワイプすると、ライブラリの画面に遷移します。

iPodライブラリは、アルバムカバーを細長く切り取り、まるでCDの背表紙が並んだ棚のように表示されます。

「Album」でアルバムを選んだり、「Song」で曲を選択して再生キューに追加したりすることができます。

app_music_beatblaster_3

コンソール画面のソースの切替で「TURNTABLE」を選ぶと、アナログレコードのインターフェイスなります。

スクラッチこそ出来ないものの、トーンアームを動かして、再生位置を変更することは可能です。

app_music_beatblaster_4

コンソールで右にスワイプすると、スピーカの表示になります。

味気ない画面ですが、よく見るとウーファーのコーンが曲に合わせて振動。なかなかリアリティがあります。

app_music_beatblaster_5

ソースで「RADIO」を選ぶと、インターネット・ラジオ局を聴くことができます。

登録されている局は5,000局以上。ジャンル毎に分類されているので、きっとお気に入りの局がみつかるはずです。

app_music_beatblaster_6

ミニコンポ世代にとって、ラジオといえば「エアチェック」をして楽しむのが当たり前。

そんな気持ちを察してか、インターネット・ラジオをカセットテープに録音する機能もあります。

ラジオを受信しながら、コンソールの下にある録音ボタンを押すと、カセットデッキが表示されます。

app_music_beatblaster_7

録音した(インターネット)ラジオ放送は、テープライブラリに追加されます。

カセットテープには、録音時間や再生された曲・時間が自動で記録されます。

app_music_beatblaster_8

本格的にミニコンポ気分を味わいたい方は、iPadをスタンドに置き、iPhone・iPod touch用のリモコンアプリ『The BeatBlaster Remote App Store』(無料)を使い、Bluetooth経由で操作することもできます。

その他にも、アラームクロック機能・スリープタイマー・スキン切替・フルスクリーンダッシュボードなど、便利な機能が豊富に搭載されています。

フラットなデザインはちょっと味気ないと思う方にお勧めです。

 

The BeatBlaster App Store
ミュージック:62.5 MB
価格:¥200
対応:iPad
開発:AppConcept