iPhoneの廉価版「iPhone Lite (仮称)」のバックパネルを撮影した動画(上)が公開されています。

動画に登場するiPhone Liteのバックパネルはホワイトのみで、外観の特徴をみるかぎり、以前から流失しているものと同一と考えられます。

正直なところ「またこれか」という気がしないでもありませんが、注目したいのはiPhone 5など既存のモデルと比較しているところ。

another_iphone_lite_video_1

下はカメラ周辺を比較しています。

iPhone Liteはバックパネルのみながら、カメラとフラッシュのカバーは既に装着されているようです。

iPhone 5はアルミとガラス、iPhone Liteは樹脂製と、大きく異なる素材とデザインながら、基本的な構造は非常によく似ていると予想されます。

another_iphone_lite_video_2

コネクタ類が集中する本体下の部分。

強度を保つためか、iPhone 5のスピーカーグリルは16個もの穴があるのに対し、iPhone Liteでは少し大きめな穴4つに減少。

マイクに至っては1つにまとめられています。

another_iphone_lite_video_3

樹脂製のためケースそのものの厚みがあるのか、幅・高さ・厚さが少しずつ増加しているようです。

another_iphone_lite_video_4

面白いのは第5世代のiPod touchとの比較。

以前からよく似ているとは言われてきましたが、並べてみるとやはり両者がそっくりなことが実感できます。

another_iphone_lite_video_5

動画をじっくりみていると、iPhone Liteは「廉価版」とされつつも、非常に質感が高いことが伝わってきます。

実際にはどのようなスペック・価格で販売されるのか、今から楽しみでなりません。