xRec App Store』は、iPhone・iPod touchの画面をそっくりそのまま動画として保存できるアプリです。

iOSデバイスでは、スリープ/パワーボタンとホームボタンを同時に押すことで、画面のスクリーンショット(静止画)を保存することができます。

しかしながら、ゲームプレイなどを動画としてキャプチャーしたい場合は、『Elgato Game Capture HD』のようなハードウェアを使う、または開発者向けのツールや特別なソフトなどが必要となります。

このアプリはそれらを必要とせず、スクリーンキャプチャーを動画で行うことができます。

録画を始める前に、下準備として画面下の「SETTINGS」で録画の設定をします。

「Video Size」では、動画のクオリティを100%・75%・50%から選択。「Video Orientation」で、撮影したいアプリの向き(縦横)などを指定します。

app_ent_xrec_1 app_ent_xrec_2

準備が整ったところで、再生ボタンのような開始ボタンをタップして録画をスタート。

これ以降、画面に表示されている内容はすべて録画されるので、素早く目的のアプリへと切替えます。

app_ent_xrec_3 app_ent_xrec_4

ホーム画面やOS標準のアプリでは、画面上に録画中を示す赤いバナーが表示されますが、サードパーティのアプリでは全画面が記録されます。

録画を終了するには再度『xRec App Store』に戻り、停止ボタンをタップすればOKです。

app_ent_xrec_5 app_ent_xrec_6

録画を停止すると自動的にレンダリングが始まり、「VIDEOS」のメニュー下に日時とともに保存されます。カメラロールへ出力できるので、そこから編集・加工・共有なども行えます。

音声はマイクからの入力を使用しているらしく、音質が良くない上に周囲の音も拾ってしまいます。

app_ent_xrec_7 app_ent_xrec_8

最近ではゲームプレイを録画できるタイトルもありますが(上の『Nimble Quest App Store』もそのひとつ)、対応していないアプリには便利かもしれません。

また、ゲームに限らず、マイクからの入力を録音できることを利用して、音声解説付きでアプリの説明をする、といった使い方もできそうです。

App Storeでは、よく似た機能を持つアプリが登場しては削除される、ということが繰り返されています。

あると便利な機能ですが、これも何らか規約に触れている場合は姿を消すことになるかもしれません。

 

xRec App Store
エンターテインメント:4.2 MB
価格:¥170
対応:iPhone・iPod touch
開発:Akın Öğünç