7月1日発売の「週刊アスキー 2013年8/6増刊号」に、スマートフォンで使える防水ポーチの付録がついてるというので購入してみました。

週刊アスキーは、昨年夏にも増刊号で「スマホ用防水ポーチ」の付録をつけて発売。お手頃感から早々に売り切れたようです。

今年も同様の企画ながら、付録に改良が加えられているとのこと。

weekly_ascii_smatphone_waterproof_case2_1

改良点は次の4点。

  • より厚い素材を採用し破損しにくい
  • 側面を圧着からチューブ状にして強度をアップ
  • ネックストラップからカラビナへ変更
  • 背面にコインなどを入れられるポケット

とくに強度が増しているのは嬉しいポイントではないでしょうか。

weekly_ascii_smatphone_waterproof_case2_2

デバイスは、ジップロックのようなファスナーが付いた開口部分から入れます。

weekly_ascii_smatphone_waterproof_case2_3

ファスナーを閉めたあと、2回折り畳んでマジックテープで留めて浸水を防ぐという念の入れようです。

weekly_ascii_smatphone_waterproof_case2_4

ムダに画面の大きなスマホにも対応しているため、裸のiPhone 5では若干大きめな印象です。

逆にいえば、少し大きめのケースやバンパーなどを付けたままでも入る大きさ、というメリットもあります。

weekly_ascii_smatphone_waterproof_case2_5

背面には小さなポケットがついています。防水ではないので、濡れても大丈夫なコインなどを入れるのに使えそうです。

weekly_ascii_smatphone_waterproof_case2_6

実際にiPhone 5をポーチに入れて風呂に沈めてみましたが、とくに浸水はみられませんでした。

しかしながら、JISなどの防水・防滴規格を満たしている訳ではないので、沈めるような過酷な使い方は避けた方がよさそうです。

weekly_ascii_smatphone_waterproof_case2_7

これからの季節は、ビーチやプールサイドなど、水濡れが心配な場所に行く機会も増えてきます。

価格もお手頃で売切れも予想されるため、早めにお近くの書店・コンビニをチェックするか、アマゾンなどで注文しておいたほうがよいかもしれません。