monCarbone iPhone 5 peak

Deffから販売されているiPhone 5用カーボンファイバーケース『monCarbone Peak iPhone 5』を購入、試してみました。

iPhoneケースには、プラスチック・TPUからアルミや木材まで、実に幅広い素材が使われています。

なかでも「カーボン」は、強度と軽さに関しては最も優れているといえますが、ケースの素材としてはあまり普及していません。

その理由のひとつは、加工が難しいため大量生産に適さず、結果高価になってしまうということ。

もう一つは、カーボンという素材が電波を遮蔽するという、携帯電話のケースに使うには致命的ともいえる特質をもっているためです。

今回購入した『monCarbone Peak iPhone 5』は、強靭さと軽さというカーボンの素材を生かしつつ、電波の受信感度への影響を最小限に留める工夫が施されたケースです。

moncarbone_iphone5_peak_01

ケース本体にはリアルカーボンが使われており、近くでみると織り込まれた繊維の美しい模様をみることができます。

表面加工は、光沢のある「Mystery Black」(写真)と、艶消しでカーボンの手触りを楽しめる「Midnight Black」の2種類がラインナップされています。

moncarbone_iphone5_peak_02

メーカーの「monCarbone」は、カーボン製ケースというニッチな市場の(おそらく)最大手で、iPhone・iPad向けのケースを多数販売しています。

ロゴマークは、装着すると隠れる内側に配置。

moncarbone_iphone5_peak_03

iPhone 5に装着し、上から撮影したところ。

アンテナが内蔵されている本体の上下(ガラスの部分)には、電波へ影響を及ばさない「Basalt Fiber」という素材が使われているそうです。

moncarbone_iphone5_peak_04

背面が微妙に盛り上がり、側面からみるとなだらかな山のようなユニークな形状をしています。

製品目の「Peak(頂)」は、おそらくこの形に由来するのではないでしょうか。

moncarbone_iphone5_peak_05

スイッチ・ボタン類・コネクタの周囲は十分な余裕があり、操作および接続に問題を生じることはなさそうです。

moncarbone_iphone5_peak_06

カメラおよびフラッシュ周辺の仕上げ。

アップルが推奨する開口サイズよりも小さいように見えますが、撮影に影響はありませんでした。

moncarbone_iphone5_peak_07

本体下の部分にも、電波干渉への対策として「Basalt Fiber」(黒い部分)が使われています。

このような対策が施されているにも関わらず、実際に電波の弱い場所で簡単なテストをしてみたところ、やはりケースの有無によって多少の影響があることが確認できました。

アルミ製ケース・バンパーにもいえることですが、設計の工夫でかなり改善できるものの、素材が素材だけに完全に影響を無くすことは難しいのかもしれません。

moncarbone_iphone5_peak_08

真横からみたところ。

「山」の高さはほんの僅かですが、これが手に持ったときのホールド感・安定感を生んでくれます。

moncarbone_iphone5_peak_09

裸のiPhone 5を平らな面に置くと、指を掛ける場所が少なくピックアップし辛いと感じることがあります。

このケースの場合は側面に僅かな隙間があり、簡単に掴むことができます。

moncarbone_iphone5_peak_10

傾斜は約5°と少ないながら、デスクなどに置いて使うときに視認性がアップしたような印象を受けます。

moncarbone_iphone5_peak_11

価格は5,980円(税込)で、本物のカーボンにしては結構リーズナブルに設定されています。

電波への影響などを考えると決して万人向きではありませんが、リアルカーボンという響きに魅力を感じるひとは、チェックしてみてはいかがでしょか。