アップル系情報サイトの老舗・MacRumorsが、廉価版「iPhone Lite(仮称)」の予想画像を公開しています。

「iPhone Lite」は、かねてから噂の樹脂製のバックパネルを採用したモデルで、最近になってパーツのリークが相次ぎ、注目を集めています。

公開されたレンダリング画像は、iPhoneのコンセプト画像などで知られるCiccarese Design が作成したもの。

これまでに流出した情報によると、iPhone 5と比較して:

  • バックパネルを樹脂製へと変更
  • 第5世代iPod touchに似たデザイン
  • 液晶パネルの大きさは同じ
  • より厚い筐体 7.6ミリ→8.5ミリ
  • 高さ・幅も僅かに増加
  • ボリュームボタンを丸みがかった長方形へ
  • 底面のマイクとスピーカーがよりシンプルに

といった特徴があるとされています。

macrumors_iphone_lite_rendering_1

下は、先日報じられた「イエロー・レッド・グリーン」のバックパネルのリークを基に、カラーバリエーションを予想したもの。

macrumors_iphone_lite_rendering_2

バックパネルの光沢感からは、アルマイト加工のアルミのような印象も受けますが、樹脂製であることをイメージしてみると、より雰囲気が伝わってくると思います。

macrumors_iphone_lite_rendering_3

iPhoneの廉価版については2年以上前から噂があり、一時は立ち消えと考えられたこともありましたが、最近になって現実味を帯びてきました。

MacRumorsでは、iPhoneの時期モデル「iPhone 5S (仮称)」と同じく、9月〜10月の発表・発売を予想しているようです。