アップルが、iPhoneの次期モデルに動画のハイスピード撮影機能を追加する可能性があるようです。

動画のフレームレートを上げるハイスピード撮影は、動きのある被写体のブレを防ぎ、また再生時のフレームレートを落して滑らかスローモーション映像を楽しむことができる技術です。

記事によると、開発者向けに公開されている「iOS 7 beta」の中に、ハイスピード撮影を示唆するコードがあり、テストによると120FPS(フレーム/秒)での撮影が可能になるとのこと。

120FPSというフレームレートは、iPhone 5の30FPSの4倍にあたり、再生速度を1/4にしたスローモーション再生に適しています。

下の動画は、ハイスピード撮影に対応したデジタルカメラ『LUMIX FZ200』で撮った120FPSの映像です。

スローにすることで、通常肉眼では見えないディテールを捉えることができるだけでなく、雰囲気のある映像になる効果もあります。

ハイスピード撮影はより高い処理能力を必要とし、ハードウェアでのサポートが必須となることから、iPhone 5S(仮称)以降のモデルに搭載されることになりそうです。

アップルはこれまで、新しいiPhoneを登場させる度にカメラの機能を強化しています。

デザインが現行とほぼ同じとされるiPhone 5Sでは、機能・性能面でユーザーを惹き付ける必要があり、カメラ周りでは噂の「デュアルフラッシュ」とこのハイスピード撮影の2大新機能があれば十分といえるかもしれません。