「iPhone 5C」と印刷されたパッケージらしき画像が掲載されています。

問題の画像は、過去にもアップル系リーク情報のソースとして知られる掲示板「WeiPhone<」に掲載されたもので、白い箱状の物が無造作に積まれています。

側面には、はっきりと「iPhone 5C」(Cは囲まれている)と印刷されており、アップルマークも読み取ることができます。

iphone5c_package_leak_1

連日のように伝えられている廉価版iPhoneについては、バックパネルが樹脂製であり、第5世代iPod touchやiPad miniのような角が丸みを帯びた形状になると予想されています。

これまでのiPhoneは、紙製の高級感のある箱に入れて販売されてきましたが、廉価版では本体に合わせてパッケージも樹脂製に変更してコストを抑えるのかもしれません。

また、写真を拡大してみると、写っているのはパッケージの下半分のみで、これとは別に「フタ」が存在していることは間違いなさそうです。

廉価版iPhoneでは、カラーバリエーションが導入される可能性が高いとされており、iPodシリーズのように「透明のフタ」を採用すれば、店頭でのディスプレイで映えるのではないでしょうか。

iphone5c_package_leak_2

iPhone 5Cという名称は、「Color(カラー)のC」に由来すると思われますが、「Cheap(安っぽい)のC」と連想されるのではないかと余計な心配をしてしまいます。

画像の真偽は不明ながら、このパッケージは、「樹脂製」「カラー」という廉価版の2つの特徴によくマッチしているのではないでしょうか。