筐体にプラスチックを採用するとされる「iPhone 5C(仮称)」のディスプレイ用モックアップを購入してみました。

廉価版とも呼ばれる「iPhone 5C」は、今秋にも発売されると予想されていますが、中国のB2Bマーケット「Alibaba.com (アリババ)」や「淘宝 (タオバオ)」では、はやくも専用のアクセサリーや展示用のモックアップなどが幅広く流通しています。

そこで、いくつもある業者の中から適当に一社を選び、展示用モックアップを注文してみました。

今回利用したAlibaba.comでは、チャットで販売業者と直接連絡できるので、価格や個数(ミニマムの個数が指定されていることが多い)を交渉。PayPalで入金をすると即日で発送され、4日後には受取ることができました。

iphone5c_display_mock_01

購入したモックアップは一個あたり約700円。

相場は分りませんが、数を発注すれば100円程度にまではなりそうです。

ムダな梱包や緩衝材などはなく、下の写真のようなエコなパッケージで届きます。

iphone5c_display_mock_02

「iPhone 5C」の「C」はカラー(Color)に由来するとされ、カラーバリエーションが存在するというのが専らの噂となっています。

今回購入したのはホワイトのモデル。

いくつか業者を当たったのですが、他のカラーをストックしているところはみつかりませんでした。

iphone5c_display_mock_03

見た目は、これまでに流出したバックパネルに、ディスプレイを追加したようにみえます。

もちろんモックアップなので中身は有りませんが、ボタン類も全て揃っており、しかも押すことができるので、ぱっと見には本物にみえなくもありません。

iphone5c_display_mock_04

バックパネルのエッジは丸く、持った感触はiPhone 5よりも柔らかい印象です。

素材こそ違うものの、見た目も触り心地も、第5世代のiPod touchを厚くした感じ、という説明がしっくりきます。

iphone5c_display_mock_05

側面のSIMトレイは溝が彫られているダミー、「iPhone」の下に印刷された情報も正しくはありません。

iphone5c_display_mock_06

カメラのレンズカバーや、そこから垣間見えるカメラのパーツ、フラッシュに至るまで、なかなか精密に造られています。

ひとくちにモックアップといっても品質はまちまちですが、この製品は「上」といえるかもしれません。

iphone5c_display_mock_07

一応モデルナンバーを確認してみると「A1429」とあり、「iPhone 5」のものであることが分ります。

iphone5c_display_mock_08

iPhone 5と並べたところ。

カラーが異なるため比較し辛いですが、大きさ・厚さなどはほぼ同サイズです。

iphone5c_display_mock_09

本体下を並べたところ。もちろん、ネジやコネクタ類はダミーです。

スピーカー(左)のグリルが4つの穴になり、マイクに至っては一つにまとめられているのも、これまでに流れている情報と一致しています。

iphone5c_display_mock_10

サイドからみたところ。

ボリュームボタンの形状が、丸から長細いものに変更されています。

iphone5c_display_mock_11

モックアップなので精度は「謎」なのですが、一応サイズを計測してみました。

厚さは約8.6ミリで、iPhone 5の7.6ミリよりもちょうど1ミリ程度厚くなっています。

iphone5c_display_mock_12

横幅は約59.1ミリ(+0.5ミリ)、長さは約124.5ミリ(+0.7ミリ)で、それぞれ若干ながらサイズアップしているようです。

iphone5c_display_mock_13

ちなみにモックアップには、印刷したホーム画面を貼付けたバージョンもあり、こちらも入手してみました。

iOS 7ではなく、iOS 6の画面が使われています。

iphone5c_display_mock_14

この種のモックアップは、流出した図面をもとに先行して作られているとみられ、発売される最終製品とは微妙に異なることがあるようです。

パーツの流出・アクセサリーおよびモックアップの発売と、正式発表に向けた準備が整ってきた感があります。