ボーズが、ノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドフォン『BOSE QuietComfort 20i』の予約販売を本日から開始しています。

スピーカーをはじめとする音響機器、ヘッドフォンなどを多く手掛ける同社ですが、インイヤータイプでノイズキャンセリング機能を持つのはこの『QuietComfort 20i』が初の製品となります。

特徴をまとめると、

  • 30年以上にわたり培われてきた独自のノイズキャンセリング技術を使用
  • コンパクトながら圧倒的な消音性能
  • 周囲の音が聞き取りやすい状態を創り出す「Awareモード」
  • 遮音性が高く長時間使用でも疲れなStayHear+チップ搭載
  • iPhone対応のリモコン・ハンズフリー通話機能 (20iモデル)
  • 連続16時間使用可能な充電式バッテリー
  • バッテリー切れでも通常のイヤフォンとして利用可能

となります。

メーカー公式のプロモ動画(英語)がこちら。

ノイズキャンセリングを実現するため、イヤフォンの内部および外部に小さなマイクを内蔵。

2つのマイクで騒音を検知し、ハウジング外側外部の騒音と耳に侵入してくる騒音をそれぞれ正確にモニタリングするとのこと。

bose_quietcomfort20i_1

この情報をコントロールモジュールが受け取り、独自のDSPで瞬時に騒音とは逆位相の音を再生し、騒音を相殺するという仕組みになっているそうです。

他社の製品もノイズキャンセリングの基本的な仕組みは同じですが、圧倒的な支持を集める「QuietComfort」シリーズの技術がこの小さなイヤフォンでどのレベルまで実現できているかが注目されます。

bose_quietcomfort20i_2

独自の機能としては、バックグラウンドノイズを抑えつつ、周囲の音にも注意を払うことができる「Awareモード」を搭載。

メーカーの説明によると、

「警笛の音やお店に入って会話するとき、駅や空港でアナウンスを聞くときなど、これまではヘッドホンを外さなければならないシーンでも、ずっと着けたまま音楽と過ごすことができます。」

とあります。

実際に、ノイズキャンセリング機能付きや遮蔽性の高いヘッドフォンを使っていると、周囲の音が聞こえずに困ることがあるため、本当に機能するのであれば、かなり便利なはずです。

bose_quietcomfort20i_3

Apple製品に対応した「20i」と、ノーマルの「20」があり、どちらも価格は31,500円(税込)。

決して安くはありませんが、本国での価格がUS$299.95(約29,800)+TAXであることを考えると、BOSEとしては珍しく内外価格差が抑えられたリーズナブルな設定といえるかもしれません。

本日から予約を開始し、発売は2013年8月26日を予定。

筆者も早速予約をしたので、実機が届き次第レビューを掲載したいと思います。