iOS 7のフラットなアイコンがどうも好きになれないという方のために、デザインし直した画像が公開されていました。

ジョナサン・アイブ氏のもと、iOS 7はこれまでの「Skeuomorphism (スキュモーフィズム)」から「フラット」なデザインへと大幅に変更されましたが、ユーザーの間では賛否両論があるようです。

これらの画像は、デザイナーのJacob Cummings氏がDribble上で公開したもので、「Just for fun (お遊びで)」で製作したとのこと。

フラットの次に来ると一部で話題になっている「ロングシャドウ」という手法が使われています。

下はSafariのアイコン。

ios7_icons_redesigned_1

こちらは「電話」。

フラットをベースにしつつ、シャドウ(影)によって立体感があります。

ios7_icons_redesigned_2

「設定」は、iOS 7のアイコンで最も不人気なひとつと思われますが、こちちらはスッキリとしたデザインになっています。

ios7_icons_redesigned_3

アイコンを並べたもの。

「お遊び」にしては時間と手間がかかっている気がします。

ios7_icons_redesigned_4

実際にホーム画面に並べるとこのような感じに。

全体的にソフトな印象ですが、これはこれでよいのではないでしょうか。

ios7_icons_redesigned_5

個人的には以前の「スキュモーフィズム」なアイコンが好きなため、着せ替えができる「スキン」のような機能を切に願っています(可能性はゼロに近そうですが)。

次に来るとされる「ロングシャドウ」なデザイン、皆様はどのような印象を受けるでしょうか。