9月前後にお目見えすると予想されている「iPhone 5C (仮称)」向けのケースが、米国のアマゾンで大量に出品されています。

「iPhone 5C」は、バックパネルを樹脂製へと変更した廉価版とされ、パーツの画像や関連する情報が連日のように報じられています。

当サイトでもつい先日、中国のB2Bマーケット「淘宝 (タオバオ)」で専用ケースが流通していることをお伝えしたばかりですが、Amazon.comでは既に予約販売が開始されています。

米アマゾンで「iPhone 5C」というキーワードで検索すると、大量のケースやフィルムがヒットします。

amacon_com_iphone5c_cases_1

製品名には「iPhone 5C」が使われ、画像にも樹脂製バックパネルのものが使われており、あたかも既に発表されたiPhoneの新モデルのように扱われています。

しかも、無名メーカーにものだけでなく、下のケースは大手メーカ「SPIGEN」のもの。

amacon_com_iphone5c_cases_2

また、比較的マイナーながら「elago」という国内でも展開するメーカーのケースも販売されています。

amacon_com_iphone5c_cases_3

いずれも既に予約販売を受付けており、発送は8月中旬から下旬を予定しているようです。

ケースだけ先に届いても意味がないため、もしかするとこの発送時期に重要なヒントが隠されているかもしれません。