iPhoneの廉価版「iPhone Lite(仮称)」のバックパネルとされる画像が掲載されています。

iPhone 5に続く新しいモデルは、外観がほぼ同じまま進化させた「iPhone 5S(仮称)」と、バックパネルを樹脂製に置き換えた「iPhone Lite(仮称)」の2種類があるとみられています。

掲載された画像には、第5世代のiPod touchによく似た形状をしたグリーンのバックパネルが写っています。

バックパネルの内側を写した画像には、シールドらしきパーツも埋め込まれており、適当にこしらえたものではなさそうです。

green_iphone_lite_1

正面から撮影されているため、エッジの曲がり具合が判別し辛いものの、以前にリークしたホワイトのパネルともよく似ているようです。

【関連記事】廉価版iPhoneのポリカーボネート製パックパネルがリーク!?

green_iphone_lite_3

一方で、信憑性の高い独自情報で知られる「Macお宝鑑定団」は、廉価版iPhoneのカラーバリエーションはiPhone 4Sのバンパーからグリーンを除いた5色展開となるとの記事を掲載しており、今回のリークと矛盾することになります。

green_iphone_lite_2

ソースの9to5Macはこの画像に対し「Sketchy (あやしい)」としているものの、このところ「iPhone 5S」「iPhone Lite」のいずれかに使われると見られるパーツが相次いで流出していることもあり、本物である可能性も十分ありそうです。