iPhoneの次期モデル「iPhone 5S (仮称)」のディスプレイ製造ラインとされる写真が掲載されています。

問題の画像は、中国のミニブログサイトWeiboにて公開されていたもので、工場の製造ラインらしい場所で撮影されています。

画面中央に、iPhoneのディスプレイモジュールが2枚置かれているのが確認できます。

iphone5s_assembly_line_leak_1

このディスプレイは、現行のiPhoneのものとは異なり、「iPhone 5S」用の可能性が高いとみられるとのこと。

iPhone 5Sは、現行モデルとほぼ同じデザインながら、性能向上のために内部のパーツ類に変更が加えられていると予想されています。

これまでに流出した情報によると、ディスプレイモジュールもフレックスケーブルが微妙に異なるとのこと。

別のソースから流出した比較画像によると、フラットケーブルの形状に違いがみられます。

iphone5s_assembly_line_leak_2

これを踏まえて先の製造ラインの画像に戻ると、これらが「5S」のモジュールによく似ていることがわかります。

過去の例を振り返ると、パーツの流出が続く頃と本格生産の時期が重なるケースが多々あるようです。

もちろんこれが「iPhone 5S」ではなく「廉価版」のディスプレイであることも十分考えられますが、いずれにせよ、新モデル発売への準備が着々と進んでいることは間違いないようです。