「iOS 7」で非認証ケーブルを使うと表示される警告を迂回する製品が登場したようです。

先日お伝えしたように、開発者向けに公開されている「iOS 7」のベータ版で、アップルの「MFi」認証を受けていないLightningケーブルを使用すると、次のような警告メッセージが表示されるとの報告があります。

This cable or accessory is not certified and may not work reliably with this iPhone. (このケーブルまたはアクセサリーは認証を受けておらず、正常に動作しない可能性があります。)

アップルが新たにチェック機能を追加したと考えられますが、はやくもそれを迂回する製品が開発されたようです。

上の動画は、中国・深圳の本拠を置くサードパーティメーカー「iPhone5mod」が、発売を予告するために公開したもの。強烈なピンクの他に、普通の白いケーブルもあるようです。

粗悪なケーブルを締め出したいアップルと、ライセンス料を払わず低価格で大量に販売したい業者との「いたちごっこ」は、まだまだ続きそうです。