ボーズが、コンパクトなBluetoothワイヤレス・スピーカー『SoundLink Mini Bluetooth speaker
』を発表しています。

この新製品は、同社から販売されているバッテリー内蔵型Bluetoothワイヤレス・スピーカー『SoundLink Bluetooth Mobile speaker
』(レビュー)を更に小型化。

より携帯性を重視したサイズおよび重量に設計されています。

筐体も、従来の樹脂製から継ぎ目のないアルミ製へと変更し、耐久性が向上しているとのこと。

bose_sound_link_mini_1.jpg

サイズの小型化を行いつつも、従来の2倍の空気移動量をほこるトランスデューサーや、豊かな低音を生み出すパッシブラジエーターを採用するなど、ボーズならではの音質へのこだわりが感じられます。

bose_sound_link_mini_2.jpg

また、特徴的なのが、付属品にクレードルが含まれていること。

外から持ち帰ったらクレードルに置いておくだけで、フル充電の状態で次回持ち出すことができます。

bose_sound_link_mini_3.jpg

フル充電からの連続再生時間は最大約7時間。

655グラムという軽さにしては、十分なバッテリー性能があるようです。

bose_sound_link_mini_5.jpg

価格は22,890円(税込)。発売は7月12日で、現在予約を受付中です。

このサイズのBluetoothスピーカーとしては高級ですが、他の製品と比べてどこまで音質で差を付けているのか、発売後にレビューで検証してみたいと思います。