iLab Factoryが、iPhoneの次期モデルのものとされるパーツの画像を公開しています。[source: Macお宝鑑定団

iLab Factory (アイラボファクトリー)は、関東・東海・関西で店舗を展開し、サードパーティのiOSデバイス修理サービスを提供しています。

今回公開された画像は、「バイブレーター」「ホームボタンケーブル」「フロントカメラケーブル」の3つで、iPhone 5S(仮称)またはiPhoneの廉価版のパーツと考えられるようです。

「バイブレーター」のフレックスケーブルには、iPhone 5では別のパーツとなっているボリュームおよびサウンドオン・オフスイッチが一体化。

「感応系」と思われるセンサーも付属しています。

ilab_factory_iphone5s_part_leak_1.jpg

「ホームボタン」のフレックスケーブルは、iPhone 5のものよりも長くなっているとのこと。

ilab_factory_iphone5s_part_leak_2.jpg

こちらはカメラ用のフレックスケーブル。

そのサイズからフロントカメラ(FaceTimeカメラ)用と考えられ、裏面には近接・環境光センサー用と思われるコネクタがあるそうです。

ilab_factory_iphone5s_part_leak_3.jpg

アイラボファクトリーはこれまでにも、iPhone 5の図面や分解動画をいちはやく掲載するなど、未発売のiPhoneに関する情報源として信憑性が高いようです。

同社に限らず、修理部品を独自に調達する必要があるサードパーティの修理業者は、コピーはもちろん純正品を製造する工場ともパイプがあると考えられ、次期モデルのリーク元となることが度々あります。

今回は内部パーツの画像のため一見地味ではありますが、この種のリークが増えてくると、いよいよ発売に向けた本格生産が始まる、という印象を受けます。