ipad5_july_august_rumor_0.jpg

iPadの次期モデル「iPad 5 (仮称)」の本格生産が、2013年7月〜8月に開始されるとの情報が掲載されています。[source: DigiTimes

元記事によると、台湾のサプライ筋からの情報として、7月〜8月にも生産が本格化する次期iPadは、

  • 第4世代(現行モデル)よりも薄型・軽量化
  • iPad miniのようなスリムなベゼル

といった特徴があり、

  • ディスプレイ:LGおよびシャープ
  • タッチパネル:TPK
  • ITOフィルム:日東電工および帝人

がそれぞれ供給を行うとしています。

デザインに関しては以前リークしたバックパネルの情報と一致しています。

【関連記事】iPadの次期モデル「iPad 5」のバックパネルがリーク!?〜デザインはiPad miniと酷似

ipad5_july_august_rumor_1.jpg

また、以前お伝えしたとおり、中国では既このバックパネルのデザインに適合するケース類が広く流通していたりします。

【関連記事】レビュー:iPadの次期モデル「iPad 5」用らしきケース

ipad5_july_august_rumor_2.jpg

DigiTimesによる情報は当たり外れがあるものの、サプライ関連の情報は信頼できる傾向にあるようです。

この情報が正しいとすると、本格生産開始から2〜3ヶ月後となる9月〜11月頃に発売されると予想されます。