scosche_strikeline_pro_lightning_0.jpg

Scosche社から発売された巻取り式Lightningケーブル『Scosche strikeLINE pro
』を購入、試してみました。

この製品は、iPhone 5をはじめとするLightningコネクタ対応デバイスの充電・同期ができるUSBケーブルで、持ち歩き・収納に便利な巻取り機能がついています。

その他にも、

  • アップルの「MFi」を取得
  • Lightningでバイスの充電・同期に対応
  • 最大で90センチまで伸長可能
  • 自由に長さを決めらるロック機構付き
  • 多くのケースと併用可能なコネクタ

といった特徴があります。

scosche_strikeline_pro_lightning_1.jpg

巻取り式を採用したLighitnigケーブルは他にもありますが、アップルの「Made for iPod・iPhone・iPad」(MFi)の認証を受けた製品としては、おそらくこの製品が初めてではないでしょうか。

scosche_strikeline_pro_lightning_2.jpg

サイズをイメージしやすいように、iPhone 5の上に乗せてみました。

100円ショップなどでみかける巻取り式のUSBケーブルと比べると、一回り大きな印象です。

scosche_strikeline_pro_lightning_3.jpg

裏面にある、伸ばすときは両端を引っぱるように、と警告するラベル。

片方だけを伸ばそうとすると、ケーブルが絡まる原因になるので注意が必要です。

scosche_strikeline_pro_lightning_4.jpg

ケーブルの長さは最大で約90センチ。純正のLightning-USBケーブルと同じ長さになります。

ロック機構が付いているので、自由な長さで使用できます。

scosche_strikeline_pro_lightning_5.jpg

「MFi」認証を受けている製品は、アップルからコネクタの部品の供給を受けているらしく、純正品とそっくりな外観をしています。

scosche_strikeline_pro_lightning_6.jpg

iPhone 5で使用しているところ。

当たり前ではありますが、充電・同期ともに問題なく使用できました。

scosche_strikeline_pro_lightning_7.jpg

「MFi認証済」の製品であっても、コネクタの樹脂部分が大きく、ケースやバンパーなどと干渉する製品が多くあります。

このケーブルは、樹脂部分の先端が細くなっており、アップル純正ケーブルよりは大きいものの、『Lightning to Micro USB アダプタ』とほぼ同じ大きさです。

【関連記事】レビュー:マイクロUSB端子をライトニングに変換する便利アイテム『Apple Lightning to Micro USB Adapter』

scosche_strikeline_pro_lightning_8.jpg

パワーサポートのハードケース『エアージャケットセット for iPhone 5
』でも問題なく使用できました。

【関連記事】レビュー:iPhone 5の側面をすべて保護するハードケースの本命『エアージャケット®セット for iPhone 5』

scosche_strikeline_pro_lightning_9.jpg

価格は2,980円(税込)で、アップルの認証を受けているとはいえ、若干割高と言わざるをえません。

巻取り式ケーブルの多くは、小型化のため薄いケーブルが使われ、質の悪い製品では断線もよくあるようです。

この製品は、かなりしっかりとした造りで耐久性に問題はなさそうです。