photojojo_iphone_viewfinder_0.jpg

フォトグラフィーに関連したユニークなグッズを販売する米Photojojoで、「iPhone Viewfinder」という製品が発売されています。

吸盤でiPhoneの画面に貼付け、古き良きカメラのようにファインダーを覗き込んでフレームを決め、写真を撮影することができます。

ファインダーの筒の部分は伸縮し、画面までの距離を見やすい位置に調節することができます。

photojojo_iphone_viewfinder_1.jpg

撮影には、App Storeで無料で公開されている専用のアプリを使用。

画面左のサークルにファインダーを固定し、画面の右側でシャッター・フォーカス・ズームなど操作を行います。

Daylight Viewfinder App Store
写真/ビデオ:1.9 MB
価格:無料
対応:iPhone・iPod touch (iPad互換)
開発:Sig Innovations LLC



photojojo_iphone_viewfinder_2.jpg

ファインダーを覗いて撮影する方がしっくりくる、という方もちろん、そうでなくても、強い日差しの下など、iPhoneの液晶画面が見辛いときに重宝するかもしれません。

photojojo_iphone_viewfinder_3.jpg

価格はUS$30(約2,660円)。日本へも別途で送料US$11.98〜(約1,060円)を払えば発送してくれるようです。

photojojo_iphone_viewfinder_4.jpg

天気のよい日のスキー場や真夏のビーチなど、明るさを最大にしてもiPhoneの液晶がほとんど見えないことがあります。

そのようなシーンで撮影することが多い方は、検討してみてはいかかがでしょうか。

【リンク】Photojojo – iPhone Viewfinder