iPhone 5用のレンズ『olloclip 3-in-1 Lens for iPhone 5』を購入、試してみました。

このレンズは、iPhone 5のカメラ部分に取り付けて使用するアクセサリーで、

  • 魚眼・ワイド・マクロの1台3役
  • シールや接着剤を不使用
  • レンズの位置合わせがほぼ不要
  • 着脱が簡単

といった特徴があります。

olloclip_3in1_iphone5_1.jpg

パッケージには、レンズ本体(魚眼・マクロ)と、ワイドレンズ、ケースと保護キャップx2が含まれています。

olloclip_3in1_iphone5_2.jpg

魚眼(Fisheye)レンズは約180の視野を撮影可能。

通常の撮影では入りきらない大きな被写体や、ちょっと変わった写真を撮りたいときなどに活躍します。

 

olloclip_3in1_iphone5_4.jpg

魚眼の逆側には、倍率が約10倍のマクロレンズを装備。

被写体までの距離は約12〜15ミリと、かなりの近距離で拡大撮影することができます。

マクロの周囲にネジ山があり、取り外し可能なレンズをねじ込むと、ワイドに変わります。

olloclip_3in1_iphone5_3.jpg

レンズの本体部分がiPhone 5の角にピッタリのサイズに作られており、はめるだけで装着が完了します。

下の写真は魚眼側を装着したところ。前後をひっくり返すとマクロまたはワイドにとして使えます。

接着剤やシールなどを貼る必要がなく、クリップタイプのように位置合わせの手間も必要ありません。

olloclip_3in1_iphone5_5.jpg

レンズを使用して、サンプルの撮影をしてみました。

下の3枚の写真は同じ位置から撮影しています。

まずは「レンズ無し」(iPhone 5のカメラそのまま)で撮影したもの。

olloclip_3in1_iphone5_10.jpg

こちらは「ワイド」で撮影したもの。

広がりのある写真を撮りたいとき、室内などで後ろに下がれない場合などに重宝します。

周辺の歪みなどをチェックしたい方は、画像をクリックして大きなサイズでご確認ください。

olloclip_3in1_iphone5_11.jpg

そしてこちらが「魚眼」レンズで撮影したもの。

周囲が歪んでみえ面白い写真を撮影できます。

角の黒い部分が気になる場合は、カメラのズーム機能を使ってフレームの外に出してしまうとう手もあります。

olloclip_3in1_iphone5_12.jpg

下の写真は「マクロ」で千円札を撮影したものです。

olloclip_3in1_iphone5_13.jpg

着脱が簡単で位置合わせが不要と、なかなかよく考えられたレンズですが、最大のウィークポイントは「ケースやフィルムと併用できない」ということかもしれません。

iPhone 5にピッタリに作られているため、使う度にケースを外す必要があり、ひとによっては結構面倒に感じそうです。

また、保護フィルムでさえ干渉する恐れがあり、フィルムを貼っている方は注意が必要です。

olloclip_3in1_iphone5_6.jpg

価格は5,980円(税込)。カラーはレッドとブラックの2色から選べます。

サイズの異なるiPhone 4・4S用も販売されているため、購入する際にはよく確認することをお勧めします。

1つで3種類のレンズを使え、小さいので持ち歩く際も邪魔になりません。

iPhoneのカメラを使うことが多い方は、作品の幅が広がって面白いのではないでしょうか。