大容量ながらリーズナブルな価格で人気のモバイルバッテリー「cheero Power Plus」の後継機『cheero Power Plus 2 10400mAh』が発売されたので、購入してみました。

特徴をまとめると、

  • 10,400mAhの大容量
  • iPhone 5を5回フル充電可能
  • 2つのデバイスを同時に充電可能
  • 2.1Aの高出力でiPadを高速充電
  • 実売3,000円以下
  • 半年の保証付き

などがあります。

先代の「cheero Power Plus」からの主な変更・改良点は、

  • スペック容量が10,000mAhから10,400mAhにアップ
  • 自動電源オフ機能を追加
  • 外装をプラスチックかアルミへ変更
  • 丸みを帯びたデザインを採用
  • LEDライトを追加
  • 安全機能の強化

などが盛り込まれています。

cheero_power_plus2_iphone_1.jpg

付属品はUSB-microUSBのケーブルが1本のみ。このケーブルで、バッテリー充電およびmicroUSBデバイスへの給電ができます。

cheero_power_plus2_iphone_2.jpg

給電用のポートは、5V/1Aと5V/2.1Aの2つという、このクラスのバッテリーでは標準的な仕様。

左端にあるのは新たに追加されたLEDライトです。

cheero_power_plus2_iphone_3.jpg

サイドにあるボタンで、残量のチェック・給電を開始します。

ボタンを2回押すとLEDライトがオンになります。

cheero_power_plus2_iphone_4.jpg

バッテリーの残量は3つのインジケーターで表示。

cheero_power_plus2_iphone_5.jpg

普段LEDライト機能を使うことはあまりないかもしれませんが、災害時など万一の場合に活躍するかもしれません。

cheero_power_plus2_iphone_6.jpg

初代の「Power Plus 10,000mAh」(手前)と並べたところ。

少々無骨なデザインから、スタイリッシュになったことが分かると思います。

cheero_power_plus2_iphone_7.jpg

縦横のサイズはほぼ同じですが、2代目の方が丸みを帯びたデザインで、手にしっくりときます。

重さは258グラムから296グラム(ともに実測)へと増加。容量を若干増加したのが原因でしょうか。

cheero_power_plus2_iphone_8.jpg

肝心の給電能力をiPhone 5を使ってテストしてみました。

完全に放電した状態から100%までの充電を繰り返したところ、ピッタリ5回充電することができました。

2〜3日の旅行などでは、このバッテリーが1台あればこと足りるのではないでしょうか。

cheero_power_plus2_iphone_9.jpg

メーカーによると、初代より過充電・過放電・加熱時・短絡時等の保護機能が強化されているらしいので、より安心して使えそうです。

価格は3,280円(税込:記事執筆時)。

大容量かつ安心して使えるバッテリーをお探しの方はチェックしてみてはいかがでしょうか。