simplism_silicon_case_set_ipad_mini_0.jpg

トリニティが販売しているiPad mini用ケース『Simplism Silicon Case Set for iPad mini
』を購入、試してみました。

iPad miniに限らず、iOSデバイス用の保護ケースはポリカーボネートなどのハードな素材が最も人気があります。

しかしながらハードケースには、ひび割れやキズの発生、滑りやすい(落としやすい)、デバイス全体を保護できないなどの弱点もあり、今回購入したようなソフトケースを選択するユーザーも少なくないようです。

このケースは、抗菌およびホコリが付きにくい加工を施したシリコンを採用し、iPad miniをソフトに保護してくれます。

パッケージには、ケース本体・液晶保護フィルム・クリーニングクロス・折畳式のスタンドが付属しています。

simplism_silicon_case_set_ipad_mini_1.jpg

iPad miniを包み込むように背面・側面をほぼ全て保護。フィッティングも問題ありません。

画面側に少しせり出しているので、エッジへの衝撃からもある程度守ってくれそうです。

simplism_silicon_case_set_ipad_mini_2.jpg

ソフトな素材なので個体差があるのかもしれませんが、カメラ部分の開口は中心が若干下にズレているようです。

もっとも映り込みなどはなく、カメラの撮影に問題はありませんでした。

simplism_silicon_case_set_ipad_mini_3.jpg

ハードタイプでは露出していること多い本体上部も完全にカバー。

他社の一部ケースにみられる背面の余計な穴はなく、マイク用の穴は正確な位置に開いています。

また、イヤフォンジャックにはカバーが付いています。

simplism_silicon_case_set_ipad_mini_4.jpg

バタン類はカバーされ、ケースに作られた突起を押すタイプ。

サウンドのスイッチの操作にも問題ありません。

simplism_silicon_case_set_ipad_mini_6.jpg

ユニークなのは、Lightningコネクタに「ふた」をするフラップ状のカバーがついているところ。

通常は下のようにコネクタを覆っており、

simplism_silicon_case_set_ipad_mini_5.jpg

ケーブルを挿すときは、フラップを開いて使用します。

ホコリの侵入が気になるひとには、嬉しい機能かもしれません。

simplism_silicon_case_set_ipad_mini_8.jpg

付属の液晶保護フィルムは光沢があるタイプで、抗菌加工が施されているとのこと。

ホームボタンの切り込みは丸形ではなくU字になっています。

simplism_silicon_case_set_ipad_mini_7.jpg

付属している折畳式のスタンドは、2段階の角度を選ぶことができます。

iPad miniを手で持って使うことが多い人でも、使用しないときや充電中などに、iPad miniの置き場所として重宝すると思います。

simplism_silicon_case_set_ipad_mini_9.jpg

カラーバリエーションは、「ブラック」「ホワイト」「グレー」「マスターズ(黄色)」「ピンク」の5種があります。

価格は2,480円(税込)。抗菌保護フィルムとスタンドもセットになっているので、お得感があります。

かつて大量に出回った粗悪品によってシリコン素材に対して悪いイメージを抱くひとも多いかもしれませんが、グリップが良くクッション性もあり、保護性能はハードケースよりもあります。

きちんとしたメーカーの製品であれば、シリコンケースも選択肢としてアリかもしれません。