パワーサポートから発売された『プライバシーフィルムセット for iPhone 5』を購入してみました。

iPhone 5に限らず、最近の液晶画面は視野角が広いため、混雑した電車等では周囲の人から画面が丸見えだったりすることがあります。

このフィルムは、特殊な構造で視野角を制限することで、覗き見を防ぐことができるというアクセサリーです。

特徴をまとめと次のようになります。

  • 上下4方向からの視野を制限
  • 映り込み、指紋などを防ぐアンチグレア加工
  • 日本製

powersupport_privacy_film_iphone5_1.jpg

パッケージにはフィルム本体の他に、ダストリムーバーとクリーニングクロスが付属します。

powersupport_privacy_film_iphone5_2.jpg

貼付ける手順は、一般的な液晶保護フィルムと変わりません。

剥離フィルムを剥がす前に、本体に重ねてボタンやカメラなどの位置を確認しておきます。

次にクリーニングクロスで皮脂などの汚れを完全に拭き取ります。

powersupport_privacy_film_iphone5_3.jpg

汚れが無くなったら、ダストリムーバーを貼り、細かなホコリを取り除きます。

あとはフィルム本体の剥離フィルムを剥がして、iPhone 5に貼付ければOK。

powersupport_privacy_film_iphone5_4.jpg

フィルムの表面はアンチグレア(艶消し)加工が施されており、サラサラとした手触りをしています。

これにより、太陽や照明の映り込みや、指紋やファンデーションなどの付着を低減する効果もあるそうです。

powersupport_privacy_film_iphone5_5.jpg

パワーサポートが販売している他のiPhone 5向けフィルムとは異なり、FaceTimeカメラ・スピーカー用の穴は2つの集約されています。

ホームボタンの周辺も含め、位置とサイズはパワーサポートならではの精確さです。

powersupport_privacy_film_iphone5_6.jpg

プライバシーフィルムは、小さな格子状の壁を2枚のフィルムでサンドイッチしたような構造をしています。

よって通常のフィルムの比べてかなり厚みがあり、逆に薄手のものは効果も期待できないことがあるようです。

厚さを計測してみたところ約0.5ミリほどもあり、厚いことで知られるガラス製プロテクターより少し薄いくらいでした。

powersupport_privacy_film_iphone5_7.jpg

メーカーによると、このフィルムを貼った場合、視野角が約60°に制限されるそうです。

効果を分かりやすくお伝えするために、フィルムを半分にカットして貼ってみました。

powersupport_privacy_film_iphone5_9.jpg

下は正面から撮影したもの(クリックで拡大できます)。右半分にのみフィルムを貼ってあります。

「フィルムあり」の方は若干暗く、またザラついている印象を受けます。画面の明るさとくっきり感は、プライバシー保護とのトレードオフということでしょうか。

powersupport_privacy_film_iphone5_11.jpg

角度を少しずつ変えて撮影したのが下の写真です。

電車内を想定してシミュレーションしてみたところ、隣に座っている人・立っているひとからは、下の写真の「③」または「④」のようにみえます。

見え方は画面に対する視線の角度で変わるため、iPhoneを顔から遠ざけると「③」、より顔に近づけると「④」のようになります。

また、横方向だけでなく上下方向にも同様に効果があるので、本体を横にして使っていても大丈夫です。

powersupport_privacy_film_iphone5_12.jpg

価格は2,280円(税込)と若干高めですが、プライバシー保護の性能、フィルムのクオリティは申し分ありません。

混雑した電車内などではプライベートな内容を表示しないのがベストですが、他人の視線が気になるという方は検討してみる価値があるかもしれません。