jawbone_up_relaunch_0.jpg

Jawboneが、iPhoneとアプリと連携する活動量計『UP』の販売を再開しています。

『UP』は、Bluetoothヘッドセットやスピーカー「JAMBOX」などで知られるJAWBONEが昨年発売した活動量計です。

スタイリッシュなデザインとiPhoneとの連携機能など注目を集めたものの、不具合が相次いただため販売停止となり、購入者には無条件でRefund(返金)を行っていました。

その後設計を見直し、約一年後となる今回販売が再開されたようです。

jawbone_up_relaunch_1.jpg

『UP』は、内蔵された加速度センサーでユーザーの動きを24時間監視しする活動量計で、

  • 消費カロリーを記録
  • 睡眠の深さや時間を記録
  • 目覚めのよい時間に起こすアラーム
  • 運動不足を感知
  • 防水
  • 10日間使えるバッテリー

といった機能・特徴があります。

さらに無料で公開されているiPhone向けのコンパニオンアプリを使うと、集めたデータをグラフ表示や食事・その日のムードの記録などもでき、単なる活動量計を超えたライフログ・デバイスとなります。

iPhoneとの接続は、バッテリーの消費やペアリングといった心配がつきもののBluetoothではなく、イヤフォンジャックに挿して行います。

jawbone_up_relaunch_2.jpg

カラーバリエーションは8色。サイズは手首の太さに合わせて3種類用意されています。

jawbone_up_relaunch_3.jpg

リストバンド型の活動量計では、ナイキからも「Fuelband」が発売されていますが、「UP」はディスプレイやBluetoothを省いた分コンパクトなこと、活動量以外の機能が豊富なことが魅力となりそうです。

米国の本家サイトではUS$129(約10,300円)で販売を再開しており、日本では2013年に国内の代理店・トリニティから発売されるようです。

【リンク】Jawbone – UP