ifixit_ipad_mini_teardown_0.jpg

iFixit社が本日発売のはやくも「iPad mini」を入手し、恒例の「Teardown (分解)」を公開しています。[source: iFixit

ネジ留めされているiPhoneとは異なり、iPad miniは接着剤で貼付けられたフロントガラスを外すところから始まります。

フロントガラスと液晶パネルは一体化しておらず、落下などでひび割れた場合にフロントガラスのみの交換ができそうです。

液晶パネルには製造メーカーが印刷されていものの、ディスプレイドライバーのチップから、サムスン製が使われていると推測されるとのこと。

アップルは同じ部品を複数のメーカーから部品を調達することがよくありますが、少なくともこのデバイスはサムスン製の模様。

ifixit_ipad_mini_teardown_7.jpg

内部の大部分を占めるバッテリーはハンダ付けされておらず、比較的交換しやすい設計(ここまで来るまでが大変ですが)。

ifixit_ipad_mini_teardown_1.jpg

バッテリーのラベルには、英語では「3.72V 16.5Whr 4440mAh」とありますが、下の中国語では「3.72V 4400mAh (16.3Whr)」と異なる表記がみえます。

アップルの公式スペックによると、バッテリーは「16.3Whr」とされており、英語の表記が間違っているということでしょうか。

ifixit_ipad_mini_teardown_2.jpg

アマゾンの主張とは異なり、Lightningコネクタの両脇には、スピーカーが2つ内蔵されています。

ifixit_ipad_mini_teardown_3.jpg

ロジックボードの拡大写真。

オレンジの四角がハイニックス社製16GBフラッシュ。

ifixit_ipad_mini_teardown_4.jpg

プロセッサーはデュアルコアの「Apple A5」。ラベルからも512MBのメモリーが確認できるとのこと。

ifixit_ipad_mini_teardown_5.jpg

コンパクトするためとはいえ、接着剤が至る所に使用されており、分解はかなり手間と技術必要となりそうです。

iFixitによる「修理のしやすさ」の指標でも、10段階で「2」という低い評価となりました。

ifixit_ipad_mini_teardown_6.jpg

詳細な分解のステップおよび高解像度の写真は、iFixitのサイトからどうぞ。

【リンク】iFixit – iPad mini Teardown