softbank_emobile_0.jpg

ソフトバンクが、「イー・モバイル」を提供するイー・アクセスの買収を発表。

両社のLTEネットワークを共有し、ソフトバンクの2.1GHz、イー・アクセスの1.7GHzの2つの帯域で、iPhone 5を利用できるようになります。

ソフトバンクとイー・アクセスの両社は、10月1日午後5時より買収による記者会見を開催。

今回の買収は、iPhoneユーザー、とくにテザリングが解禁となるiPhone 5ユーザーの増加に備え、イー・アクセスが展開する1.7GHz帯のLTEを活用するのが狙いと思われます。

iPhone 5は、ハードの変更無しに、ソフトバンク(2.1GHz)とイー・アクセス(1.7GHz)の2つのバンドに対応できるとのこと。

また、ソフトバンクは2013年1月15日から開始するとしていたiPhone 5向けのテザリングを、1ヶ月の前倒しとなる2012年12月15日からスタートすると発表。

サービス提供開始時は、ソフトバンクの2.1GHz帯を利用するとしています。

ソフトバンクのネットワークは、iPhone 5のテザリング提供によりこれまで逼迫すると予想されていましたが、イー・アクセス網が加わることで、余裕が生まれることが期待されます。