SPIGEN SGPのiPhone 5用ガラス製液晶プロテクター『GLAS.t for iPhone 5』を購入、試してみました。

ガラス製の液晶プロテクターは、樹脂製に比べてキズ・汚れに強く、耐久性・メンテナンス性(掃除)が高く、愛用者が増えているようです。

概要はメーカーによるデモ動画(iPhone 4用)がわかり易いと思います。

特徴をまとめると、

  • 厚さ0.4ミリの強化ガラス製(全体で0.65ミリあります)
  • キズが付きにくい表面硬度8〜9H
  • 高い透明度
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • タッチパネルの操作に影響を与えない
  • 割れても飛び散らないフィルム層付き

などがあります。

sgp_spigen_glast_iphone5_0.jpg

付属品は、ボタン用ステッカー、クリーニングクロス、アルコール消毒綿、スクイージーが同梱されています。

sgp_spigen_glast_iphone5_1.jpg

貼付けの前にiPhone 5の液晶面を丁寧に掃除し、汚れやホコリがない状態にしておきます。

メーカーによると、このプロテクターは貼り直すと接着面が剥がれる場合があるそうなので、位置がズレないように慎重に貼る必要があります。

sgp_spigen_glast_iphone5_2.jpg

サイズはiPhone 5のパネルよりもほんの少しだけ小さく作られており、上手に貼ると「アルミのエッジ」「iPhone 5のガラス」「プロテクター」が階段のようにキレイに並びます。

表面には耐指紋性撥油コーティング施されており、手触りはiPhoneとほとんど同じで違和感を感じさせません。

sgp_spigen_glast_iphone5_3.jpg

横からみたところ。

0.4ミリときくと薄いようですが、実際には樹脂製のフィルムを2〜3枚重ねたような厚さがあります。【追記】粘着シートなどを含めた実際に厚さは0.65ミリです。詳細はこちらをどうぞ。

また、ガラスのため重さが約8〜9グラムあり、手に持ったときにはっきりとそれを感じることができます。

sgp_spigen_glast_iphone5_4.jpg

この厚さによりホームボタンが窪んだようになるため、若干押しにくく、また引っかかりを感じることがあります。

使用上問題はありませんが、気になる場合は付属のホームボタン・ステッカーを貼ることで軽減することができます。

sgp_spigen_glast_iphone5_5.jpg

ガラス製には重さ・厚さというデメリットがありますが、逆にメリットもあります。

その最たるものが、キズや摩耗に強いということ。

動画のように実際にカッターや鍵で強く擦ってみましたが、キズは全く付きませんでした。

sgp_spigen_glast_iphone5_6.jpg

樹脂製のフィルムでは、使い始めはキレイでも徐々にキズが付いて汚れてきたりしますが、ガラスはその心配がありません。

透明度が高く、タッチパネルの反応に影響を与えないため、iPhoneのガラスを直接触っているような錯覚を起こすほどです。

sgp_spigen_glast_iphone5_7.jpg

プロテクターを貼ったiPhone 5をケース(エアージャケット)に入れ、iPhone 4と並べてみました。

iPhone 5のほぼ全面を保護した状態で、裸のiPhone 4とほぼ同じ厚さになることがわかります。

sgp_spigen_glast_iphone5_9.jpg

価格は2,940円(税込)。

iPhoneのガラス自体もかなりキズに強く、また樹脂製のフィルムでも保護には充分ですが、iPhoneを結構ハードに使うひとやフィルムの張り替えが面倒なひとにお勧めします。