iphone_readycase_0.jpg

十徳ナイフのように便利な機能を盛り込んだiPhone向けのケース『Ready Case for iPhone』を製造するプロジェクトが、現在出資者を募集しています。

いつも持ち歩くiPhoneに、よく使うツール・機能を集約できるのでは、というアイデアから生まれたケースで、

  • イヤフォンケーブル用クリップ
  • USBメモリ兼スタンド
  • 外付けレンズ用マウント
  • ナイフ
  • ドライバー
  • 栓抜き

などが盛り込まれています。

ケーブルクリップは、イヤフォンケーブルをまとめた際に留めておくことができるというもの。

iphone_readycase_1.jpg

外付けレンズ用のリングを内蔵し、用途に応じて付け替えることができます。

iphone_readycase_2.jpg

極めつけはこのマルチツール。

iphone_readycase_3.jpg

ナイフ、カッターとして使えるのはもちろん、

iphone_readycase_4.jpg

栓抜きやドライバーとして使うこともできます。

着脱式なので、飛行機に搭乗する際は外しておけばOK。

iphone_readycase_5.jpgiphone_readycase_6.jpg

これだけの機能を盛り込みつつ、ケースの厚さは約3ミリと、iPhone 4と同じくらいに抑えられています。

iphone_readycase_9.jpg

デモの動画がこちら。これを観ると欲しくなってしまいそうです。

このケースを製造するプロジェクトは、Kickstarterのようなクラウド・ファンディング・サービス「Indiegogo」で、現在出資者を募集中です。

iPhone 4用とiPhone 5用のケース本体とUSBフラッシュがセットでUS$40(約3,200円)+送料からとなかなかリーズナブルです。

詳細は下のリンクからどうぞ。

【リンク】Indiegogo – ReadyCase for iPhone